2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
clickお願いします*゜*.。

| edit

fleur. 



[ fleur ]
Akira Kosemura
*




fleur。フランス語で「花」の意味。

個人的には、この音楽から
冬の日に小さな白い花が沢山咲いて
雪みたいに見える情景が思い浮かぶ。



昔は音楽聴きながら、本を読んだり文章を書いたり
平気で出来ていたのだけど
最近はJ-popを聴きながら作業していると
脳が音楽に引っ張られるので
ひたすら聴くのは「歌詞なし・静かめ・ループ」のelectricが多め。



haruka nakamura ・ Rayons ・ Akira Kosemura
kadan・西山瞳トリオなどなど。

ずっとリピートしてると耳が慣れて、新鮮味が欲しくなるので
同じテイストの別の音楽を探してます。

「この音楽いいよ!」みたいなオススメがあれば
是非教えて下さい~。
スポンサーサイト



ランキングに参加しています。
clickお願いします*゜*.。

thread: 花の写真 | janre: 写真 |  | edit

ASPIDISTRAFLY 


ASPIDISTRAFLY
Japan Tour 2012




特設サイトはこちら →

*

11月24日の岡山・城下公会堂に、上記のライブを見に行く予定です。
スペシャルゲストでharuka nakamuraも出るので
行くしかない!

ASPIDISTRAFLYは他のアーティストのゲスト出演でしか聴いた事が無いのですが
予告映像の音楽といい、色彩と世界観といい
すっかりツボで、期待大。







今からとても楽しみです。



ランキングに参加しています。
clickお願いします*゜*.。

thread: 心に残る風景 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

流星 


「流星」
haruka nakamura × 青葉市子



特設サイトはこちら →


*

前の記事で「さらさら~っと流れてしまうイベント第1位」とした七夕の日。

その日に、私の好きな音楽家のおふたりが
コラボして、七夕コンサートをやってたなんて…。

しかも限定100枚で、手作りのコラボレーションアルバムを販売してたなんて…!
七夕の逆襲!?(笑)

アルバム復刻発売…ないかなぁ…。


以下、「流星」に捧げるオマージュフォト。









静かな夜に、ひとりじっくりと聞きたい音楽。



ランキングに参加しています。
clickお願いします*゜*.。

thread: 写真と想い | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 4 | edit

Music In You 



「あなたが本当に聴きたい音楽は、あなたの心の中にある。」

20120120-1.jpg

そんな言葉を、自身のブログで書かれている、ピアニスト西山瞳さんの
音楽を聴いて、痺れました。

ジャズが好きで、特に艶々のピアノジャズが好きで、そこにさらに
和のエッセンスが加わっているので
もうこれは、凄くこのみ!

西山瞳トリオ 「music in you」



ジャズといえば、とろりとまろやかで濃厚な
夜の都会を連想しますが
お寺や神社や和風庭園の、静謐で穏やかで張り詰めた空気も思い浮かぶ
この雰囲気の取り合わせの絶妙さが堪らない。

写真は東京タワーからの夜景です。



ランキングに参加しています。
clickお願いします*゜*.。

thread: 音楽のある生活 | janre: 音楽 |  | edit

くちずさむうたがある 



「 今 そばにいて 手を離さないでいて
  誰かの ぬくもり 感じていた 」




聞いている音楽が、ふと気付くと
今の自分の心にぴったり寄り添ってる様な、不思議な感覚があります。

それが一番多いのが、私にとっては高鈴なんです。

仕事で疲れてくたくたになった帰り道、カフェでライブをやってた高鈴。
れいこう堂の 信恵さんが、半分くらい終わってるし、半額で入っていいよ、って入れてくれた。
「胸の灯り」っていう歌が入ってすぐ始まった。
疲れて帰宅する人が、消えない小さな希望や夢を抱えて、いつもの帰り道を歩く、という歌だった。

祖父が亡くなった通夜の日、通販で頼んだ高鈴のCDが届いた。
寝ずの番で空がまだ真っ暗。祖父とふたりぼっち。音が無いのが寂しくてCDを聞いてみたら
「最後のラブレター」という歌が、1番目に入っていた。
もうすぐ亡くなる人が、大切な人へ向けて、愛情を込めた遺書をしたためる歌だった。


そして今。
気付くと「痕を残して」という曲を、くちずさんでいる。




以下、高鈴のブログより、2月28日の記事の一部を抜粋させて頂きました。

「日々は柔らかく温かいだけではなくて
 見たくないもの、信じたくない現実も、どんどん耳に入ってくる。

 どうしてなんやろう? と、疑問だらけでどんどん慣れて
 意味なんかないと思うくらいに。

 確かに感じられる事は、誰かのぬくもりくらいかも。
 しっかり 受け止めて、しっかり 感じていたい。
 そうゆう歌になりました。」


不思議な縁だなぁ、と思いました。大切にしたいです。
音楽は私に、とってもおっきいパワーをくれるから。



ランキングに参加しています。
clickお願いします*゜*.。

thread: 心に沁みる曲 | janre: 音楽 |  trackback: 0 | comment: 4 | edit

Instagram

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。